アセアンで働くをリアルに

ベトナムで働く女性のリアル

Japanese-woman-in-VN-10

こんにちは 筆者の奥村です。
このブログのコンセプトは『ASEANで働く』ですが
実際に海外で働くことってちょっと想像しずらいですよね。

そこで!

ASEAN諸国で実際に働いている女性の方の
一日に密着取材し、現地で実際にはどのように生活しているのか
皆さんに知っていただけるような記事を書いていきたいと思います。

今回取材に協力していただくのは
ベトナム在住1年目、営業職のSさんです。

1日の流れ〕
7:00 起床
|  支度
8:00 近所の屋台で朝食 : フォー 20000ドン(100円)

8:30 バイクタクシーで通勤 :5分/20000ドン(100円)

8:45 会社近くのカフェ:ジャスミンミルクティーを購入

9:00 出社 メールチェック
午前中業務〔営業や会議、候補者との面接など。〕
12:00 昼休憩
会社近くのカフェで昼食:パスタ/98000ドン(490円)

13:00 午後業務開始
|   営業、ベトナム人候補者の日本語チェック、会議など
18:00 退社
18:30 友人と食事
22:00 帰宅
24:00 就寝

Q&A

Qなぜベトナムで働こうと思ったのか

初めてベトナムを旅行で訪れたときにベトナム人の友人がたくさんできました。それから、彼らに会いに何回もベトナムに来ていたら、自分にはベトナムが合うんじゃないかと思うようになり、将来ベトナムで働きたいと思うようになりました。

QSさんの思うベトナムで働くメリット

大きな仕事を任されるのでやりがいがあり、常に新しいことに挑戦できる環境であることです。毎日いろいろな人との出会いもあり、刺激的です。

Qこれからのキャリアについて

海外で人脈を広げ、たくさん経験を積んだ後、その経験を生かし日本の子ども達へ国際理解教育をしたいと考えています。グローバル社会で生きること、また多種多様な生き方について考えるきっかけを作り、日本の子ども達にグローバル社会で輝けるスキルを身につけてほしいと思います。

Qベトナムで働きたいと思っている人に一言

ベトナムだけではなく、もし海外で働いてみたいと思っているなら、海外に来る前に、自分は何をしたいのか、将来的に自分はどうなっていたいのかをきちんと思い描いてから来た方がいいかなと思います。そうすれば理想と現実がたとえ違っていたとしても、海外という地で軌道修正しながら前に進めると思います。ただ、少しでもベトナムが気になるという方がいたら、まずは旅行やインターンなどでベトナムの風を感じてほしいなと思います。


最後に今回取材協力してくださったSさん、本当にありがとうございました!


Related Posts

Leave a Comment.