アセアンで働くをリアルに

やりたいことをすぐに実行に移せる、ベトナムは恵まれた環境

Nhanh Nhanh 代表取締役 一柳大輔さん

DSC0045

 

このように語るのは、オフィス・工場で必要な消耗品をカタログで販売しているNhanh Nhanhの代表取締役社長である一柳大輔さん。一柳さんは、日々発展を遂げるベトナムの風景や、未開発の分野でビジネスを見つける楽しさを知り、ベトナムの魅力に取り憑かれた一人である。

 

ベトナムで働くことになったきっかけを教えてください。

前職時代ベトナムに駐在した際に、日本とは違った市場での仕事に対して手応えややりがいを感じて、ベトナムで働く楽しさを知ったことがきっかけですね。その後一度日本に帰国したのですが、ベトナムで仕事をしていて感じたやりがいが忘れられなくて、日本での生活に満足することができませんでした。そして、ベトナムで働きたいという思いが日に日に強くなったことで転職を決意し、今の会社で働くことになりました。

 

今の会社を含め、今まで勤めていた全ての会社で営業を続けていますが、一柳さんにとって営業のやりがいは何ですか?

自分の成果が数字で分かるということです。営業という仕事は結果が数字で出るため分かりやすく、自分の立てた目標が達成されたかどうかが一目で分かります。その上、今まで自分がしてきたことを目で見て実感することができるので、そのことにもやりがいを感じますね。それが、営業一筋の理由になっているのかもしれません。

 

言語や文化の違うベトナム人と一緒に働くのは大変なことだと思うのですが、働く上で一番苦労だと感じることは何ですか?

言語や文化の違う社員への教育です。ベトナム人と日本人では考え方が違い、仕事に対する考え方も違います。そのことから、お客様に対するミスが起きてしまったことがありました。以前、お客様が注文した商品とは違う物を届けてしまうということがあったんです。そのお客様は自社が日系企業ということで安心して取引をしてくださったのにも関わらず、ベトナム人従業員の教育が行き届かなかったことにより信頼を失ってしまいました。

 

社員教育に苦労されているとのことですが、それを乗り越えるためにどのような工夫をされているのですか?

例えば、意識してほしいことを紙に書き、貼り出すことで常に意識してもらえるようにしたり、一人ひとりがどんなことをどこまでできたのかが一目で分かるチェックシートを作ったりしました。また記録に残すために、メールを使うことを社内のルールとし、お客様から電話で注文を受けた場合でも、再度メールでやりとりをし、必ず記録に残すということを徹底して行っています。

 

様々な苦労がある中でも、ベトナムで仕事を続けようと思える
一柳さんのモチベーションとなっているものは何ですか?

会社の利益を前年度よりもあげることです。理由としては、やはり目に見えるもので成果を上げることに対して、やりがいを感じるからだと思います。またベトナムでは、未開発の分野が多いため、自分のしたいことを実際に試せる場所がベトナムにはあるということも、モチベーションに繋がっているのかなと思いますね。

 

ベトナムで働きたいと思っている日本人に対して、
アドバイスをお願いします。

海外で働く前に、日本でのビジネス経験を3~5年間は積んでから、海外に挑戦して欲しいですね。
理由としては、海外で仕事をするにしても、仕事相手は日本人というケースが多いと思うんですよ。だから、日本のビジネスマナーを身につけておくことが大切だと思いますね。また日本の社会で、新人研修や飛び込み営業などの、若い時にしかできないことを経験することで、海外に出てからの伸び代が期待できるということもあります。私も前職時代に、飛び込み営業をしており、時には1日に100社もの飛び込み営業をしたことがありました。これって、ベトナムではできない貴重な経験であり、このように日本の社会でしか経験できないことがたくさんあると思うんですよ。つまり、日本で社会人経験というベースを作ってから海外へ来ても遅くはないということです。最後に、海外で働き始めてからも忘れないで欲しいのは、100%で働くということ。日本にいても海外にいても仕事をすることに変わりはないので、常に与えられた仕事に全力で取り組んで欲しいと思います。

 

 

 

 

では初めに、ベトナムで働こうと思ったきっかけは何ですか?

Related Posts

Leave a Comment.