アセアンで働くをリアルに

#02 スターバックスコーヒー@ホーチミン

Star_Bucks_05

ベトナムの国民的飲み物といえば、コーヒー。
そして、街のいたるところにあるカフェ。
チェーン店から個人経営、路上のカフェまで、休憩場所に困らないのがベトナムです。

2013年、ホーチミンにスターバックスができたのはご存知の方も多いはず。
現在ではハノイも含め、急速に店舗を拡大しています。

ホーチミン1号店がこちら↓ 76 Le Lai St.

ニューワールドホテルに隣接している大きな店舗。店内もかなり賑わっています。
ベトナムではかなりの高価格なカフェになりますが、外国人だけでなくベトナム人もたくさん。


ベトナム人グループのテーブルを見てみると、必ず1人は注文している、
抹茶クリームフラペチーノ(tall・90,000VND・約510円)。

今回はエスプレッソ1ショット(15,000VND・約85円)を追加して注文。
コーヒーの苦味がプラスされてイイ感じに。

「maccha」として抹茶スイーツが受け入れられているということもあり、
スタバでも人気メニューのようです。

シロップ追加などのカスタマイズももちろんできます。
ただ、1号店ではホワイトモカシロップはないと言われてしまいましたが。。
他のシロップはあるようですね。

そして、東南アジア限定メニュー・アジアンドルチェラテ(Tall・75,000VND・約425円)。
コーヒー風味のホイップクリームが乗っている甘めのラテ。
限定メニューなので、異国のスタバを体感できるはず。

通常メニューの味は日本と比べてどうこうというより、日本と変わらないものがベトナムでも飲めるといった感じ。

サイズは基本的にショートサイズはなく(一部ホットメニューのみ)、Tall、Grande、Venti。
商品によってはGrandeの価格に5,000VND(約28円)追加でVentiにできます。

もちろん、ご当地マグカップやタンブラーも売っているので、
ホーチミンを訪れたお土産に立ち寄ってみるといいかもしれませんね。

●少し店舗のご紹介

↓デタム通りの店舗  191 De Tham St.
スパゲッティ状の電線がいかにもベトナム。
欧米人の利用が圧倒的に多いのもこの地域ならではですね。

↓1F President Palace,93 Nguyen Du St.
こちらのテラスはNam Ky Khoi Nghia通りに面しています。

「あっここにもスタバ。」という感じに、外国人とホーチミンっ子が集まる市内に店舗は集中しています。

カフェに困らないベトナムで、スタバは少々贅沢に感じてしまいます。
しかし、時には足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

 

Related Posts

Leave a Comment.